痴漢・性犯罪ニュースまとめ系、防犯カメラ&防犯グッズ

自分の身は自分で守らなければならない現代!痴漢・性犯罪ニュースまとめ他。
常に携帯可能な小型防犯カメラや防犯スプレー、ドライブレコーダーなど護身用防犯グッズでの対策が必要な時代です。

高価買取り目的の万引きか…書店の防犯カメラで逮捕

生活・文化ランキング
5月4日、北海道帯広市にある書店で本など4商品=販売価格約7,760円相当を盗んだ容疑で幕別町の自称・介護士の50代の女が窃盗の疑いで逮捕された。容疑者の女は同日夜7時45分頃に売り場で万引きしたとされており防犯カメラの映像から特定・逮捕に至った。


盗まれた本は気象情報関連の教本や文学ジャンルなど高価格帯の本で所持金はあったとのこと。 調べに対しては容疑を認めており警察が動機などを調べている。(参照元:STV北海道ニュース)

…動機は分かりませんが学問の書籍などはインターネットで何でも調べられる今でも変わらず高価で価値ある本として販売されています。転売目的だったのでしょうか?詳細は不明ですが本当に勉強しようとしていたならば人生大きく変わってしまうかもしれない事件だと言えるでしょう。




女子トイレに女装して侵入・わいせつ後日逮捕・千葉

生活・文化ランキング
2021年1月、千葉県市川市の女子トイレで18歳の少女に催涙スプレーを吹きかけ体を触るわいせつ行為をしたとして47歳・無職の男が逮捕されました。

容疑者は市川市の女子トイレ内で少女の顔に催涙スプレーのようなものを吹きかけケガをさせた上、体を触るわいせつな行為をした疑い。少女からの相談により警察が防犯カメラを調べ、女装した同容疑者らしい人物が映っていた。調べに対しては黙秘している。(日本テレビ系列ニュース)

…女装していても防犯カメラの画質などがアップした現代では容疑者は特定され痴漢・わいせつ行為でも後日逮捕となります、強制わいせつの場合は特にそのようになるでしょう。





防犯カメラ映像で約半年後の逮捕、埼玉県上尾市の痴漢

生活・文化ランキング
埼玉県上尾市内の路上で、2020年8月29日深夜23時頃、自転車で帰宅途中の10代のアルバイト女性の後ろから自転車で接近して追い抜きながら体を触る痴漢・わいせつ行為をした容疑で上尾市内の30代の会社員の男が逮捕された。


犯行直後に男は現場から逃走、女性が110番通報し、その後付近の防犯カメラの捜査から男を特定した。『雰囲気の可愛い女性だったので理性を抑えられず』などと容疑を認めているということです。(参照元:埼玉新聞)

…もちろん痴漢でも罰金刑など厳しく罰せられますが、強制わいせつ容疑となった場合は昔から痴漢よりも刑罰がさらに重くなることは有名です。防犯カメラでの捜査・犯人特定からの後日逮捕という流れになります。埼玉県ではこの種の性犯罪、痴漢やわいせつ事件などが他県よりも多発しているという印象はネット上でもニュースでも結構有名です、東京からのベッドタウン・埼玉県では特に可能な限りの厳重な防犯対策が必要です。



マイバッグで万引き増加、防犯カメラ映像で逮捕も

防犯・防災ランキング
政府が2020年7月、小売店でレジ袋の有料化を義務付けてから半年以上が過ぎ、北海道内のスーパーなど小売店でマイバッグを悪用した万引の増加が目立っている。会計前の商品をバッグに入れる手口は通常の買い物との見分けが難しく『会計するつもりだった』などと言い逃れされやすいという。店舗関係者は『買い物中はマイバッグを折り畳んでもらうなど協力を呼びかけるしかない』と頭を悩ませている。

バレずに犯行の瞬間・証拠映像を記録


『今回は発見できたが見逃しているケースもある可能性』北広島市のスーパーで店長代理を務める30代男性は、店からステーキ肉や寿司など食料品15点(計8830円)を盗んだとして男が1月に逮捕された事件をこう振り返る。男は買い物かごに半開きのマイバッグと商品を入れていた。従業員が挙動不審な男に気付き、かごから商品が消えているのを見つけ店の外に出たところを呼び止めた。男は逃走したが防犯カメラの映像などから特定された。


…やはり万引きの場合でも防犯カメラの映像で特定され後日逮捕はありますね



このスーパーでは2020年7月、数年前から有料にしていたレジ袋に加え、弁当袋も有料化したこともありマイバッグを持ち込む客が増えた。今回の事件も『バッグに入れる前から動きを見ていなければ声を掛けられなかった』という。

警察庁によると、2020年の全国の万引の認知件数は約87000件余りで2019年よりも7パーセント減少、検挙率は約72%に留まっているが、全国スーパーマーケット協会が会員を対象にしたアンケート結果では、3割に当たる合計26社が『マイバッグの普及で万引や盗難がかなり増加』または『やや増加』と回答。(参照元:北海道新聞ニュース)



…私服警備員を増やして万引きを現認するのも重要ですが、防犯カメラの死角をできる限りなくし、防犯カメラモニターを常時監視するスタッフを置いて、万引きなどの可能性のある場面を発見次第迅速に私服警備員や従業員に伝え、対象者を万引き行為からレジ通過後まで監視させることも必要なのではないでしょうか。分担しながら複数人での対策を進めないとマイバッグによる巧妙手口の万引き客が増えている現状では捕まえることが難しいと思います、なかなか対策は簡単ではないですが。

事件・事故ランキング


自転車で飲酒運転さらに痴漢で逮捕(東京都江戸川区)

ライフスタイル(全般)ランキング
東京都江戸川区で帰宅途中の30代女性にわいせつ行為をした容疑で4日、27歳の会社員の男が逮捕された。容疑者は約1年前の2020年3月、江戸川区の路上で帰宅中だった女性に背後から接近し痴漢した疑いが持たれている。

同容疑者は仕事帰りに酒を飲み、自転車で帰宅途中に見つけた女性の後をつけ人通りのない路上で犯行に及んだ模様。取り調べに対し容疑者は『仕事でイライラして同様の痴漢など他にも15件位やった』と容疑を認めている。江戸川区の現場周辺では他にも女性への痴漢事件が発生しており余罪についても調べている。(参照元:テレビ朝日ニュース)



…約1年前の路上痴漢の逮捕なので今回も防犯カメラが証拠映像となったようです。例えば自転車で職務質問された場合、酒酔い運転だとアウトです。酒気帯び運転で自転車であればセーフとは言われていますが、いずれにしても事故につながる危険は変わりません。

都内の場合、通勤も自転車のほうが車より便利な場合も多いので、今回のようにサラリーマンなどが帰宅途中に1杯位なら的な感覚での酒気帯び・飲酒運転の自転車は地方に比べて多いです。


自転車の酒酔い運転では罰金刑になる可能性もあります。いずれにしても飲酒運転関連は自分だけではなく何の罪もない他人の人生を巻き込んでしまう大変危険な行為なので絶対にやめましょう。女性側も会社員の仕事上のストレスで痴漢されては理不尽で辛すぎますが常に防犯ブザーなど携帯できる小型の防犯グッズを持たなければならない世の中になってしまいました。


事件・事故ランキング


原田アナの不倫現場と小型防犯カメラの共通点?

事件・事故ランキング
静岡のテレビ放送局(SBSテレビ)の原田亜弥子アナウンサー、お偉いさんの男性と不倫疑惑で降板、出演中止という流れになっています。フライデーの直撃取材に対して、男性は堂々とまるでこんなこと何人もの女と普通にやってるぜ!何が悪いんだ??みたいな感じで、まさに人生で勝ち組になったワンマン社長っぷりのぶっ飛んだ回答だったようで、男としては逃げ隠れもせずまあある意味かっこいいマスコミ対応なのかもしれません。

浮気現場をスマホで撮影してもバレます…



ただこの包み隠しもせず堂々とした男性側の対応、これでは原田アナは不倫なんてしてませんとか、仕事上の打ち合わせをホテルでしてただけです、なんていい訳をもししたとしても、女子アナとして何もなかったかのように仕事を継続することはとても不可能となってしまった訳で。。また、例えば時間が解決してくれるのを待ちながら不倫を噂・疑惑として曖昧にしてスルーして終わりとすることもできなくなってしまい大ピンチでしょう。さっそく土曜日の今日の番組なども出演中止という影響が出てしまっています。



しかも仕事関係では自分の会社のトップ上司なので、ある意味パワハラの意思など全然なかったにしても結果的には究極のパワハラ爆弾といった感じの強烈な結果となってしまった感じです、これは辛すぎます。が、原田アナも旦那さん・子供がいる立場でありながらやってしまったことなので自業自得などと言われてもどうしようもないとは思いますが色々な事情が絡み合った問題なのかもしれません。

バレずに浮気現場などを撮影可能な小型カメラ



文春砲で有名な週刊誌のスクープ・直撃取材ですが、ここでもやはり決定的な証拠となるのはカメラの映像や写真画像です。痴漢ニュースや不倫ニュース、現場の証拠と不倫は問題解決(痴漢=逮捕)の決め手となる防犯カメラや週刊誌の場合はバレずに撮影するカメラなどはやはり今の時代の必須アイテムとも言えるのかもしれません。



全般ランキング


盗聴目的で侵入?兵庫のボクシングジム社長防犯カメラで逮捕

事件・事故ランキング
【本日の防犯グッズ専門店】>>防犯カメラ専門店 グッドアイズ
住居侵入容疑で3月2日、ボクシングジムを経営する55歳の男が逮捕されました。1日の午後12時20分頃、兵庫県高砂市内の集合住宅で20代と30代の女性2人が住んでいる部屋に侵入した疑い、調べに対し容疑を認めている。

今年1月、女性が部屋を掃除中にボイスレコーダーを発見し警察に相談、防犯カメラを設置したところ3月1日に男が侵入する姿が写し出されていた。容疑者の経営するボクシングジムは、世界ボクシング機構・WBOの女子チャンピオンなどの輩出経歴のある有名ジム。(参照元:神戸新聞ニュース)



…今回は女性側が防犯カメラを設置したことにより犯人特定スピード逮捕となりました。住居侵入などの犯人の場合、当然住人が不在のタイミングで侵入しようと犯行に及ぶはずなので、実際に対面での現行犯は確認が難しい上に女性の場合は特に危険だという点もあります。ICレコーダー設置は盗聴目的だったのでしょうか、犯人に気付かれない防犯カメラで逮捕に至った事件です。



全般ランキング


赤羽駅で声かけ強制わいせつ、痴漢?ナンパ?

事件・事故ランキング
駅構内で女性に声をかけ胸を触るなどわいせつ行為をしたとして会社員の26歳の男が逮捕されました。強制わいせつ容疑で逮捕された東京都北区の会社員の容疑者は2020年10月の深夜、JR赤羽駅改札内で20代女性に声をかけ付きまとい人通りの少ない場所で壁に押し付け胸を触るなどわいせつ行為をした疑い。

『全く記憶にありません』と容疑を否認している。同容疑者は女性にわいせつ行為をした後に赤羽駅から電車で逃走、さらに2駅隣の浮間舟渡駅では似た男が女性に声を掛けている姿が監視カメラに写っていたため余罪についても追及している。(TBSニュース)


犯人にバレないための小型防犯カメラ


…最近は実際のところは不明ながらも、昔から痴漢=埼京線=赤羽駅~新宿駅など噂をはじめ色々と過去から言われています。新型コロナでJRをはじめ鉄道利用者が大幅に減ってはいるものの、通勤・通学ラッシュは元の満員電車状態に戻りつつあります。

今回の容疑者は女性に対して、赤羽駅の中(電車の外)で初めて声をかけたのでしょうか?それとも例えば電車内で痴漢行為などをした後にさらに付きまとっていたのでしょうか?その辺りは不明ですが痴漢よりもいわゆる強制わいせつに該当する今回のような場合は、監視カメラ・防犯カメラの映像を徹底的に調べた上に数ヶ月以上後になって逮捕となる可能性も大きく上がるはずです、また例えば痴漢冤罪といった問題でも裁判などで最後に決定的な証拠となるのはカメラの映像だとも言えるのではないでしょうか。




全般ランキング


防犯カメラ映像・ひったくり犯行の瞬間(東海テレビニュース)

事件・事故ランキング
東海テレビのニュース映像、防犯カメラがとらえた犯行の瞬間です。2020年11月、愛知県名古屋市の中川区で起きた強盗事件の犯行を捉えた防犯カメラの映像…画面左奥から横断歩道を渡ってきた女子大生。

その後方から上下黒の服装の男が足早に近づいてきます。別の角度からの防犯カメラの映像には、男が女子大生のバッグを無理やりつかみ引きずり倒し奪おうとする姿が映っています。女子大生に抵抗された男は何も奪わずに逃走、女子大生は軽傷です。

警察は別の事件で逮捕していた住所不定無職の41歳の容疑者の男が今回の防犯カメラ映像の事件にも関与しているとみて2月24日に強盗致傷容疑で再逮捕しました。男は今回で4度目の逮捕、いずれも強盗致傷容疑、調べに対し黙秘しているとのことです。(東海テレビニュースより)

【▼】引用元・ヤフーニュース映像はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/91602c34592367ec8eba5c58e094c869abb8058f 

hnewscam-newsimg-20200225-01
東海テレビニュース映像より。青い丸枠が犯人、赤が前方を歩く女子大生です。

hnewscam-newsimg-20200225-03
足早に急接近する犯人、後方から急に襲われては抵抗は難しくなる可能性が高いです。

hnewscam-newsimg-20200225-04
無理やりバッグを奪おうとする犯行の瞬間映像、女子大生はバッグを離さず抵抗します。

hnewscam-newsimg-20200225-05
抵抗され逃走する男、振り向いた時に防犯カメラ側に顔を向けますが、ちょうど店に立ててあるのぼりの影になってしまい、振り返った姿をとらえた時間はわずかです。街頭の防犯カメラ=上から固定撮影ならではの盲点とも言えます。

 
…このような場面に遭遇してしまった場合、せめて大音量で犯行を周囲に知らせることができれば通行人の男性などが犯人を追跡したり捕まえてくれる可能性も高まります。日頃から護身用グッズ、手軽な防犯グッズであれば防犯ブザーや携帯用の小型防犯カメラなどの携帯は必要です。




全般ランキング


大阪の神社70歳の神職わいせつ事件は余罪多数?

事件・事故ランキング
大阪市の神社の神職が祈祷中に女性2人の体を触ったとして逮捕された事件で、警察は別の女性に対してもわいせつな行為をしたとして神職を再逮捕しました。

準強制わいせつ容疑で再逮捕されたのは大阪市西区にある神社の神職の70歳の容疑者の男です。今年1月の中旬に厄除けの祈祷をした際、30代の女性に対して尻や胸を手で触るなどわいせつな行為を行った疑い。

同容疑者は2020年12月から今年1月にかけ30代の女性2人に同様のわいせつ行為をした疑いで既に逮捕されており、これまでに約10人の女性から被害相談が寄せられている。調べに対し『祈祷の途中で気分が高揚し触ってしまったと思う』と供述している。(MBSニュース)

犯人にバレないための防犯カメラ


犯人にバレずに証拠撮影=腕時計型防犯カメラ…いざ小型防犯カメラなど防犯グッズを携帯していても、そのカメラ自体が犯人に見つかっては逆に危険です。セクハラ・パワハラ、家庭内暴力やDVの証拠撮影、いじめの決定的瞬間などなど今や社会問題となっている現場を証拠として防犯カメラで録画。この腕時計型カメラなら犯人にバレる心配も大幅軽減。例えば腕時計型防犯カメラなどで日常の危険に予め備えることが必要な時代だと言えるでしょう。
>>別ウィンドウで開く場合はこちら【楽天】

…今回のような特別な場面、神聖な場所での祈祷などを受ける時は非日常空間という感覚になりやすい場面だとも言えます。ニュースの中では70歳の神職の男に女性が尻や胸を触られたとありますが、それも祈祷の行為のひとつなんだろうと女性側は思い込んでしまう可能性もあります。このような場面での犯行の真相こそ防犯カメラでしか証拠として残せないと言っても過言ではないかと思います。




全般ランキング


↑このページのトップヘ